彫刻の森美術館

おしらせ

彫刻の森美術館 【足湯エリア】 2024年7月27日(土) リニューアル


彫刻の森美術館は、おかげさまをもちまして2024年8月1日に開館55周年を迎えます。
55周年を記念して、人気の足湯エリアをリニューアルします。

トラフ建築設計事務所園田慎二建築設計事務所がデザインしたリニューアル後の「森の足湯」では、箱根の森の美しい景色を一望でき、鳥のさえずりや沢の流れ、風の音を感じながらゆったりとおくつろぎいただけます。敷地内の源泉を利用した「足湯」に加え、手軽に温泉を楽しめる「手湯(てゆ)」や、車椅子の方にも配慮した席を新たにご用意しています。さらに、勾配のあるランドスケープを見直し、段差を解消することで、隣接するカフェや多目的に利用できる休憩スペース「丸太広場キトキ」とともに、誰もが一層くつろげるエリアとして生まれ変わります。

 また、国内外から厳選した15種類の石をダイナミックに使用し、色や模様、表情の異なる石の質感を体感できます。彫刻の代表的な素材のひとつである石の迫力や魅力を身近に感じられるデザインとなっています。

足湯 概要

運用開始 2024年7月27日(土) 
足湯全長 約30m
利用人数 39名
設計 トラフ建築設計事務所+園田慎二建築設計事務所

※足湯はリニューアル工事に伴い7月26日(金)までご利用いただけません。ご理解のほどお願いいたします。