箱根 彫刻の森美術館

常設作品紹介

室内展示場のご案内

ピカソ館


ピカソ館は、20世紀を代表するスペインの芸術家パブロ・ピカソの作品を専門に紹介するために、1984年に開館しました。以来、マヤ・ピカソから購入した陶芸作品188点を中心とした319点のピカソ・コレクションを順次公開しています。

常設企画展「異形のピカソ」2022年5月28日(土)~
今回の展示では、ピカソ自身をいろいろな角度(作品の主題や技法)や、異なる時間(作品の制作年)により解体して、ピカソ像を再構築しました。コレクションを17の主題(テーマ)に分けて、時系列にとらわれない、自由で自然な展示空間を作り出しました。ひとつの視点、限られた時間から見られることを拒否し、時空を超えた連続体としてのピカソ。その異形の姿を感じとっていただければ幸いです。

本館ギャラリー

名作コレクション展
2019年~

彫刻の森美術館は、日本で初めての野外美術館として1969年に開館しました。これまでに収集された作品は、2,000点あまりにおよびます。今回はそのコレクションの中から近・現代彫刻の優品を選び、開館当初からそのままの姿をとどめる本館ギャラリーに展示します。
野外とは趣の異なる静謐な雰囲気の中で、じっくりと作品をご鑑賞いただけますと幸いです。

丸太広場 キトキ(KI TO KI)

箱根の間伐材を使った、休憩スペースができました。

無垢材の触りたくなる質感や迫力を感じられる、彫刻素材である木の空間です。
大きな丸太は置かれ方によって、テーブルにもベンチにもなります。
空間自体がひとつの彫刻のように見え、室内にいながらも自然を感じられます。
木のぬくもりを感じながら、ゆっくりとお過ごしください。

マルチホール

 

2024年2月23日(金)より公開

彫刻の森美術館のコレクションの中から、不思議な雰囲気を持った作品3点を紹介します。
それらは巨人像と大きな樹、そして、何とも形容が難しいオブジェです。

アートホール

開催中
tupera tupera + 遠藤幹子 しつもんパーク in 彫刻の森美術館

2023年4月28日(金) 〜 2024年3月31日(日)
絵本を中心に多彩な活動を続けるユニットのtupera tupera (ツペラ ツペラ) と空間デザイナー、建築家の遠藤幹子が手掛ける『しつもんパーク』を開催します。tupera tupera著「しつもんブック100 (青山出版)」をベースにした100のしつもんに答えながら美術館をめぐる、“人と人”、“人と場所”がコミュニケーションでつながる参加型展覧会です。絵本の原画展示や子どもが楽しめる体験型アート作品も登場。また、絵本やグッズが充実したショップのほか、カフェではオリジナルドリンクなども展開。年齢を問わず屋内・屋外ともにエリア全体で楽しめる企画です。